金重陶陽 象水滴 高さ 4.1 巾8.1
昭和52年名古屋松坂屋本店 金重陶陽秀選展出品作

昭和7年頃の作、父楳陽も細工師。父の手に習い20代半ばには伊部一の細工師と言われていた陶陽の象の水滴です。
陶陽も又、他の陶工と同じく皿、壷、徳利など白く美しい磁器にとって代わられ、作れど売れない不遇の時代を過ごした。
没後50年を迎える陶陽の細工物、より良い土で、より良い作品をと、手を惜しむことなく作品に向きあう、そんな時代を写す細工師陶陽の秀作です。