山本陶秀 備前牡丹獅子香炉 高さ20 たて11.2 よこ16.2

備前焼人間国宝5人の内、細工物に多くの秀品を残したのは、金重陶陽、山本陶秀の2人だけである。
昭和16年頃、陶秀青年期の作品。ロクロの名手と謳われながら細工物においても陶陽とともに他の追随を許さぬ秀品を残している。
もともと、陶陽、陶秀ともに細工物の数は少なく近年、備前においても見るとの少なくなった牡丹獅子香炉です。