藤原楽山(二代) 青焼菊香炉 高さ11.2 巾19.3 奥13.2

名工初代楽山の三男として伊部に生まれ、昭和初年、初代没後藤原家の御家芸とも言える塩焼に磨きをかけ、
同29年岡山県重要無形文化財に認定される。代表作である菊香炉は、初代、二代共に多くの秀品を残している。