金重陶陽 備前擂座花入 高さ 25 口径9.2 底形13

桃山茶陶の復興を願い生涯幾十万点の作品の轆轤を足で蹴り、綿布一枚で仕上げ、その作品に、奢ることなく
桃山陶を追い続けた、伊部陶工 金重陶陽最晩年の気品ある花入れの逸品。